ブログ

2015年11月20日ブログ
LINEで送る

コンセプトメイク→リサーチ→顧客満足。西野カナの楽曲ヒットの理由は“マーケティング”発想にあり。

35f2258d0b0bb36b5874b1e1cd335559_l

今朝、日テレの朝の情報番組「ZIP」で、「大ヒットソングの作り方」というテーマで西野カナさんの作詞作業のプロセスを取り上げていました。

 

楽曲の総ダウンロード数は5000万回を超え、レコチョク配信でシングル16作品連続1位を記録し、昨年リリースした「Darling」は配信チャートで半年間(26週連続)トップ10入りという歴代最長記録を樹立、最新シングル「トリセツ」は5週連続の1位、という輝かしい記録を打ち立てている西野カナさん。

 

ヒットの理由は10代〜20代の女性が共感するその「歌詞」にあると言われていますが、では彼女の書く歌詞がなぜあれほどまでに多くの女性からの支持を集められるのか?

 

これは、以前からもネットでちょくちょく話題に上がっているテーマですので、既にご存知の方も多いとは思いますが、あえてここでおさらいしてみましょう。

 

西野カナさんの作詞のポイントは以下の3点に集約されるそうです。

1)企画書を作成する

2)アンケート調査を行なう

3)ファンの気持ちに寄り添う

 

これをもう少し具体的に検証してゆくと・・・・

1)の「企画書作成」ですが、これはまず「楽曲のコンセプト」を決め、テーマに応じて登場人物設定を行うとのこと。自身がデビューした大学生の頃からアイデアや考え方を企画書やレポートにまとめる作業が得意だったそうですね。

2)のアンケート調査については、これはコンセプトと登場人物設定に基づき、周囲の人間たちに実際にヒアリングを行ない、具体的な体験や心情などの裏付け調査を行ない、リアルなエピソードなどを拾い集めるそうです。

3)は、普段からもらうファンレターなどをマメにチェックし、ファンの気持ちやリクエストなどの動向に沿ったかたちで、具体的に歌詞に反映してゆく、ということだそうです。

 

さて、賢明な皆さんならもうお気づきでしょうけれど、彼女のクリエイティブワークのステップは、実はマーケティングプランナーのプランニング思考や作業ステップと同じなのですね。

 

1)の企画作業はコンセプトメイキングとペルソナ設計に基づく仮説の組み立てであり、2)は緻密なリサーチによる仮説の検証と修正であり、3)は顧客ニーズの把握と顧客満足度の向上です。

 

マーケティングの定義は「企業活動を顧客に最適化させる」ことであり、そのために「顧客ニーズを知り、顧客満足度を高める」という視点が欠かせないわけですが、西野カナさんは商品開発(=作詞作業)を通じてそのマーケティング概念とプロセスを忠実にトレースしています。

 

アーチストの作詞作業には(たぶん)人それぞれに様々なノウハウがあると思います。自身の体験や考え方に基づいてメッセージを発信してゆく方法もあるでしょうし、ひたすら想像の世界(=イマジネーション)を膨らませることに徹する方法もあるでしょう。あるいは西野カナさんのように、リサーチやファンの要望に沿って描く方法もあるわけです。それは「商品の開発」と同じだと思います。従来の経験値に基づくのか、予測や想像に賭けるのか、あるいは緻密なリサーチに基づくのか。

 

楽曲を作るという作業を「純粋にアーチストの表現手段」と捉えるか「音楽市場における売れるための商品づくり」と捉えるのかによって意見はわかれるかとも思うのですが、西野カナさんのプロセスには図らずとも(図っているのかもしれませんが)後者のノウハウが凝縮されていることは間違いありません。

 

彼女が希代のヒットメーカーになり得た理由はそんなところにあるのですね。

 

広告や販促やPRなどのコミュニケーションビジネスは、原則としては客観的な視点と論理的な思考に基づき、冷静に「あるべき」結論を導かねばならない世界です。しかし中にはクリエイターの「こうしたい」という自我のほうを強く押し出し過ぎるが故に、結果的にクライアントの利益を阻害することも少なくありません。「売れるための仕組みづくり」をミッションとする我々のビジネスの原点に立ち返るならば、アーチストでありながら同時にマーケッターの資質も有する西野カナさんに学ぶことは多いはずです。

 

「歌は世につれ世は歌につれ」などと古くから言われておりますが、いつの時代にもヒットソングにはマーケティングのヒントが隠されているのかもしれません。

 

 

宮内 尚弥投稿者 

宮内ナオヤです。プランニングとクリエイティブディレクションを担当。得意はコンセプトメイキングと、愛と情熱にあふれたプレゼンテーション。標準語、関西弁、中国語を操るトリリンガル。好きなコト&モノ:スキー、登山、カメラ、自転車、温泉巡り、鉄道、キーボード演奏、ファンクミュージック、スイーツ、白米。

コンテンツマーケティングに関する各種ご依頼・ご相談は、こちらから。 お問い合わせ