ブログ

2015年10月03日ブログ
LINEで送る

「鍵盤男子」というイケメンピアニストのユニットが密かに話題らしいので、ライブに行ってきた。

kenbandanshi

こんにちは。お久しぶりです。唐突ですが、女性の方に質問です。

 

あなたはピアノ曲を聴くのが好きですか? おまけにイケメンが好きですか?

 

もし2つともYesだったら、ぜひ「鍵盤男子」という名前を覚えておいてください。

 

鍵盤男子というのは、文字通り男性2人組のピアニストの連弾ユニットで、昨今クラシック音楽業界で密かに話題になっているアーチストです。

 

実は先日、ちょっとワケありで彼らのライブに行ってきました。

IMG_3621

 

で、何が話題になっているかというと、まず男子2人の連弾ユニットというのも珍しいのですが、この2二がまた揃いも揃って、それはまぁ若くて甘いルックスの男子なんです。

(トップの画像の通りです)

 

いや、僕はイケメンになんかまったく興味はないのですが、客観的な視点で見て、まぁオシャレで爽やかで如才ない感じなんです。

 

あ、もちろんピアノのテクニックも凄いんですよ。見た目はJ-POPのアイドルみたいな面影なんで何も知らずに写真だけ見たら誤解しちゃいそうですが、そのへんのぽっと出のアーチストたちとは訳が違います。ライブでは必ず弾くという定番の「剣の舞」なんか、もう怒濤の超絶技巧。そのあたりはさすが「男子」ということもあって迫力満点なのです。

 

この2人、実は双方とも国立音楽大のOBでして、写真向かって左側の大井健さんという方は幼少のころからドイツ、イギリスに渡り、メンデルスゾーンの子孫から直接ピアノを学んだというセレブなエピソードをお持ちで、13歳の頃にはイギリス各地で演奏活動を行なっていたという強者です。また右側の中村匡宏さんという方は、プレイヤーでもありながら作曲家でもあり、国立大学では大学院の修士課程作曲専攻を首席終了し、さらに同大学院博士課程作曲科に進みながら、ウィーン国立音楽大学作曲科、電子メディア作曲科の大学院課程Postgraduate coursへ留学したという、これまた凄い経歴の持ち主です。今回のライブでは彼が作曲した作品も弾いてましたが、素直に良い曲だと思いました。

 

そんな見た目もイケメンで、才能も豊かでテクニックも超絶技巧の2人ですから、ライブのお客さんたちもほぼ9割以上は「女性」。我々は男性2名と女性1名の計3名で行ったのですが、間違いなくこちらの2人の男たちは完全に浮いた存在でした(笑)。しかも周りをつぶさに見渡すと、大学生ぐらいの方からもう還暦はとうに過ぎているであろうと思われるご婦人まで、相当に広い年齢層の方々に支持されております。そして、そのお客さんたちの殆どがこれまた上品で育ちの良さそうな空気を放っており、あぁもしかしたら皆さんも幼少の頃からクラシックピアノ習ってらっしゃったんでしょうか、というオーラ全開の方々ばかりでした。

 

で、そんな大勢の女性陣のファンに対して、鍵盤男子の二人がこれまた軽快なトークで場を楽しませるんですよ。全体で1時間半くらいのライブだったのですが、たぶん半分くらいの時間はトークに費やしてたと思います。我々は別にトークが聴きたかったわけじゃなく純粋にピアノが聴きたかったので、ちょっと肩すかしをくらった感もありましたが、他のお客さんたちはもう大満足な感じ。

 

彼ら、現在はまだどこのレーベルにも属しておらず、これから本格的な活動を始めるそうなのですが、すでにメジャーが手を挙げているというような話もちらほら聴こえてきております。さてどこのレーベルに所属するのか、どんなプロモーションで売り出すのか、楽しみではありますね。

 

ちなみに僕は彼らを観ていて、「ものすごくテレビ向きな2人かもしれない」と思いました。クラシック音楽といえば多くの人には敷居が高いかもしれませんが、イケメンでピアノも上手くてトークも抜群なら、音楽番組だけにとどまらずパラエティ番組でも引く手あまたなんじゃないでしょう。来年の今頃には日テレの「しゃべくり007」あたりにゲスト出演してるかもしれません、まじで。恐ろしいほど爽やかですから、CMキャラクターとしてもぴったりですしね。きっと彼らのようなアーチストがクラシック音楽の世界を身近なものにしていくんだろうな、という気がします。

 

なんかもう僕みたいなふつうの育ちのオジさんは、逆立ちしたって勝てそうにないなって、しみじみ思っちゃった次第です。いや、別にハナから勝負しようなんて思っちゃないですけどね(笑)

 

 

鍵盤男子オフィシャルサイト

http://www.kenbandanshi.com/

 

 

宮内 尚弥投稿者 

宮内ナオヤです。プランニングとクリエイティブディレクションを担当。得意はコンセプトメイキングと、愛と情熱にあふれたプレゼンテーション。標準語、関西弁、中国語を操るトリリンガル。好きなコト&モノ:スキー、登山、カメラ、自転車、温泉巡り、鉄道、キーボード演奏、ファンクミュージック、スイーツ、白米。

コンテンツマーケティングに関する各種ご依頼・ご相談は、こちらから。 お問い合わせ